答弁書の形式

このページでは、答弁書の書き方についての形式的な約束ごとについて解説します。

答弁書の形式を覚えてしまえば、その後に出す他の裁判文書、たとえば準備書面などにも応用できます。

答弁書を書く紙

「A4」、「白、無地」の紙で作ります。

紙を縦長に使い、文字は横書きです。

手書きでもワープロでもよい

答弁書は手書きでもかまいません。

もっとも、ワープロ(パソコンのワープロソフト)があり、使いこなせるのであれば、ワープロをお勧めします。後で別の文書を出すときに、前で言った内容を引用することはよくあることですが、その場合ワープロだとコピー&ペーストで済んでしまうので便利です。

ワープロの設定

ワープロを使って答弁書を作る場合は、以下のように設定してください。

文字のサイズ:
12ポイント
1行あたりの文字数:
37文字
1ページあたりの行数:
26行
上部余白:
35ミリ
左側余白:
30ミリ

こう書くと非常に厳密な感じがしますが、あまり厳密に従わなくても大丈夫です。ただし、次の2点だけは守った方がよいです。

文字の大きさ

文字があまりに小さいと、裁判所によく読んでもらえない可能性があります。裁判所には老人の裁判官も多いですからね(笑)。

左側余白

左側余白を30ミリとしているのは、左側をホチキス止めするため、さらに、ファイルに綴じても左端の文字が見えるように、という趣旨です。

ページ番号を付け、ホチキス止めする

答弁書には、1から始まるページ番号を付け、ホチキス止めをします。ページ番号を付ければ契印を押す必要はありません。

ページ番号は、通常、紙の下余白部分の中央(センター)に書き、ホチキス止めは左側の、パンチを開けるときに邪魔にならない場所にします。

答弁書に押す印鑑

答弁書に押す印鑑は、認め印で構いません。むしろ実印は押さない方がよいです(どこでどう利用されるか分かりませんので)。

スタンプ式(シャチハタ)はダメです。