訴訟は本人でできる

訴えられると、一度は弁護士のことが頭に浮ぶと思いますが、訴訟は本人でもできます。

また、弁護士を頼むにも高額な着手金がかかります。

例えば300万円の請求をされた訴訟の対応を弁護士に頼むと、着手金の相場は約25万円です。

裁判所に出頭する時間を割けるのであれば、自分で対応できないかをまず考えてみてはいかがでしょうか。

このサイトで説明したのは、主として答弁書の書き方ですが、準備書面の書き方も、基本はまったく変わりません。

あなたが訴訟ですることは、相手の主張の違うところはしっかり違うと主張し、ほんとうの事実を主張する。その裏づけとして証拠を提出する。その繰り返しに過ぎません。

最後には訴訟が楽しくなってくるかもしれませんよ。

弁護士にアドバイスを受けることは有益

基本的に自分で訴訟対応をするにしても、弁護士のアドバイスを受けることは有益です。何しろこの道のプロですから。

弁護士のアドバイスを受けることで、あなたが間違った方向に行きそうになるのを防ぐことができます。どういう主張が足りないか、どんな反論をすべきか、証拠はどういうものがあり得るか。そうしたことについて気付かせてもらえます。

「法律相談」の中でアドバイスをもらう

そこでお勧めしたいのは、訴訟対応を弁護士に依頼するのではなく、法律相談を弁護士に申し込むことです。

法律相談の中で、自分の作った答弁書や準備書面を弁護士に見てもらい、アドバイスをしてもらうのです。

これであれば、1時間の相談でも約1万円です。

信頼できる弁護士であれば事件を依頼してもよい

法律相談で弁護士からアドバイスを受けると、自分で訴訟を続けることが不適当だということが判明するかもしれません。

難しい裁判かつ勝ち目のある裁判の場合は特に、弁護士が付いて戦った方が明らかに自分のためになるということも多いと思います。

そういう場合は、法律相談を受けてみた感触でその弁護士が信頼に足ると確信できれば、訴訟の対応をその弁護士に依頼することを検討してみてもよいでしょう。